FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケモノ着ぐるみ ボディ型紙の作り方(DTDについて)・新キャラ紹介・その他思うことなど・・・

どうも、ブログの方はご無沙汰しております。ざんです!

今回はずいぶん前に書いたこの記事→これの補足的な感じで説明したいと思います。

今回はこの不織布(ふしょくふ と読みます)作業着をつかってDTDをつくります!
IMG_3024.jpg


DTDってなんぞや・・・?→duct tape dummy(ダクトテープダミー)の略で、海外の着ぐるみ制作においてよく使われる言葉です。
youtubeなどで調べると沢山動画がヒットします。
今回はダクトテープではなく、布テープなので実際のところはDTDではないのですが、便宜上DTDと呼ばせて頂きます。

先ほどの不織布作業着は普通にホームセンターで売ってます。
二枚入りとそうでないのとありましたが、たくさんいるかなとおもって2枚入り買いました。

IMG_3017.jpg
今回DTD取りたい人に着てもらいました。
中はいらない長袖長ズボン推奨(型紙から脱出するときにはさみなどの刃があたって破れたりしてもいい服)

IMG_3021.jpg
上からそのまま布テープを巻いていきます。
全身きちんとスキマ無く巻きましょう。
このとき、腕は肩の高さまで上げてください(後々ボディ作るときに腕が上がらなくならないようにするため)
基本的にウチのキャラは左右対称なので、半身用のDTDをつくりました。

IMG_3026.jpg
全て巻けたら切り込みを入れて脱出してもらいます。
そのあと、布テープで切り込みをふさぎます。

IMG_3031.jpg
できあがった型のなかに新聞紙などをつめて、形にしていきます。
できるだけパンパンにつめましょう。

これでDTDをつくる作業は終わりです!

次に、前の記事で紹介したようにアンコと布テープ、ストレッチフィルムをつかってこのDTDに肉付けしていきます。
IMG_4841.jpg
IMG_4843.jpg
IMG_4842.jpg
部屋が汚い!(物置部屋で作業してますごめんなさい。変なものは写してないからゆるして・・・)
こんな感じでモヨウや色、毛の向き・部位の名前(前とか後ろとかお尻とか)などを細かく書いて、そして型をばらしていきます。

IMG_4861.jpg
IMG_4862.jpg
IMG_4863.jpg
ここで、型紙がばらばらになったあとでも隣のパーツが何かわかるように、切り目のところにしるしをつけたり、切り目に垂直になるように線をいれたり、パーツに名前をつけて、隣のパーツの名前を一緒に書いておくといいと思います。

型紙とにらめっこして1日が終わる・・・なんていうこともありえるので、このあたりはきちんとしておきたいですね!

以上型紙作りでした!!
私の個人的なやり方なので失敗しても責任は負えないよ!

もはや自分の覚え書き的な感じになってる気がする・・・・
ブログに載っていること以上について、個々に制作の質問にお答えすることは出来かねますのでご了承ください。(他の記事についても同等)
作り方おしえて!の件は私も悩んでいることがたくさんあり、そのことについてもこの次の新キャラ紹介の下にでも書いていこうと思います。(あくまで私の考え方です。)






新キャラ紹介~~~!!

まずは初めてのメスケモ、もあちゃんです!
最近足裏の肉球を注文していただけることがふえたのですが、これは作ってるほうも結構やりがいがあります。
かなり手間かけてやってるので、その分見た目も比例してよくなってるといいな・・・!
アンコの入れ方がわるかったのか、撮影時写真左側のももがぼこってしてるのがすごく惜しい・・・次から気をつけます・・!
DSC_3792.jpg
DSC_3798.jpg
DSC_3795.jpg
DSC_3802.jpg

おつぎ、シオンくん!
髪の毛のあるキャラは、私のシュミでやや目が隠れるくらいのがいいんですよね~!
デザインも私がすこし触らせてもらったので髪の毛はこだわりです!
オーナーさんは私より身長の高い方なのでこの写真より高くなると思います!
このこも足裏肉球ですね!シンプルなカラーリングですが、体のバランス等意識してつくりました。
DSC_3918.jpg
DSC_3926.jpg
DSC_3924.jpg
DSC_3927.jpg
DSC_3922.jpg
今回紹介した2体は私がいつもつくっている「手がボディとつながっているタイプ」ではなく、手のパーツが別になっているタイプでした!

新キャラ紹介のついでに私の制作時のこだわりなどについてすこし語ろうと思います。
普段私が意識してるのは体のバランスです(゚∀゚)
私自身、大きなお手手や足、もっちりした頬や頬毛、体型もややふっくらしたものが好きなので、そういった好きを表現しようと努力しています。
もちろんオーナー様によっては細めでお願いしますとお願いされることもあるのですが、おそらく私の基準での細めと周りの方の細めは少し違っていると思います。
私の作るヘッドはやや大きめです。そのため、手足・ボディなどもそれにあわせてバランスをとるようにしています。
そのため、全体的に大きな仔になっています。
これは私の好みでもあり、私の作風を見て注文して下さっている方もきっとそういうところを好いて下さっているのだと思って制作しています。
私はもっちりした子がすきなので、そういう子が増えてくれたら・・!という気持ちでこれからも制作していきます!
でも、バリエーション豊かに制作していきたい気持ちもあるので、今後ほっそりした仔も作ると思います!
これからが楽しみです(^-^)

以上、新キャラ紹介でした!





着ぐるみ制作においての「作り方おしえて!」について

先月中旬頃、とあるフォロワーさんと別の方とのやり取りを目にしてから、いままでずっと思うことはあったからそれとなく漠然と考えていたことに対して、すごく真剣に考えるようになりました。
そしてその数日後も同じような話題がTLに見えました。

つい先日も、私のツイキャスでその話があがりました。

ずっと考えないようにしていたのですが、今回いろんな方が同じ内容について考えていることがあるのなら・・・と私も深く考えるようになり、しばらく考えたり色んな方に話をきいたりして、自分なりに結論が出ました。

いままでTLなどで私に「作り方教えて!」と声をかけて下さった皆様、本当にすみません。
今までいい返しが思いつかずに乱暴な言葉になってしまったこともあるかもしれません。
でもこれはきっと自分の思慮が浅いせいで上手く返せないからだ・・・と分かっていたものの、このことについて深く考えていなかったから招いたことだと思います。
それに、私は自分の技術に自信がありません。
自信がないから他の人に教えたら私より優れたものができて、それはその人のものになってしまうかもしれない・・・とずっと不安に思ってしまいそうです。
なので、今後は私はこうやってブログで作り方を紹介すること以上のことを他の不特定多数の方にはもう致しません
(仲良しな人・よく絡む方や、宅オフメンバー、オフでお会いする人との情報交換は今まで通りやります。)

私がここまでこられたのは、いろんな方が支えて下さったり、いろんな方のブログを参考にさせていただいたりしたからです。
なので、その恩返しができれば・・・とこうやってボディの制作や気が向いたときにファーのあれこれなどについてはまとめていくつもりではあります。

でも、1から10まで全て教えてそれ通りにつくったとして、果たしてそれはその人の作品と呼べるのでしょうか?
私の代わりにその人につくってもらっているような形になりませんか?

着ぐるみが完成した!と写真を上げても当たり前ですが その裏でその人がどれだけがんばったとか、その人の苦労っていうのは全て理解することは不可能ですよね。
私自身も他の方の苦労を理解することは出来ません。
なので、これからも仲良くして下さったり この私の知識を役立ててくれそうだなあと感じた人にだけお話しようとおもいます。

一緒に企業を立ち上げて事業を行う仲間同士なら分かりますが、そういうわけでもないのに自分が一生懸命頑張ってつくったいわば財産とも呼べるものを見せるのは私には出来ません。

ですが、ブログにのせていることを参考につくりました!というお話を聞けるのはとても嬉しいです。
きっと私以外の人にやり方をきいたら教えてくれる人もいるかもしません。
その人もその人なりに考えた結論がきっとその言動なのだと思います。
その辺は個人のやり方の違いだと思ってみて下さい。

仲良しな人や、よく絡む方との制作についてのやり取りはすごく楽しいです。
それは、その人がきちんとお礼を言ってくれたり、その人もいろんなことを教えて下さるからです。
私は以前からこのブログをやっていて、いろんな方に作り方を教えて欲しいといわれました。
きちんと1から説明していた時期もありましたが、きちんとお礼を言ってくれたひとはごくごくわずかでした。
たったひとこと、「ありがとうございます!参考になりました」だけでも返してくれたら「ああよかった」って思えるのに、私が説明したあとに何の返事も下さらない方もいらっしゃいました。
そして、そういう方々は、何も調べずに突然私にリプを送ってあれこれ説明させるだけさせておいて、返事はくれませんでした。

そして気付きました

「私と絡みたいわけでもない、ただただ辞書として使われることに意味があるとは思えない」と。

それ以後私は全然絡んでいないうちに「作り方教えて!」と言う人に対してすごく不信感を抱くようになってしまいました。
私がきちんと断れないのがわるいんだ、と思っても良い返しが思いつかなくて乱暴になってしまったこともありました。ごめんなさい。

それでもこうやって作り方のあれこれを公開するのは私の善意そのものだと思います。
是非参考にしてください。
でも、直接急に聞かれてもお答えできない場合があります。

これは、先に書きましたとおり 他の方に相談したり自分であれこれ悩んだ結論です。

私は自覚していますが かなりそういう人付き合いが不器用です。
伝えたいことを伝えられないことがとても多いです。

それでも、これだけは伝えたいと思ってここに書かせていただきました。

いろんな方とお話するのは好きで、素敵なことだと思います。
でも、私の善意を踏みにじったり 利用するだけ利用してあとは無視するような人に嫌気がさしてしまってこうなったことも事実です。

どうかご理解いただけますと幸いです。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからも、制作方法についてはブログでまとめさせていただきます。(ブログの記事内容については是非参考にしてください)
スポンサーサイト

ケモ足サンダルの作り方と新キャラ完成紹介

ケモ足サンダルの作り方をツイッターで公開したので忘れないうちに公開しておこうと思います!

↓ツイッターのリンクとつなげておきました
こちらをクリック!


そして・・・ コミッション受注生産スタート第一号クンが完成いたしました!
お名前はシルバくん!

DSC_3467.jpg
DSC_3474.jpg
DSC_3471.jpg
DSC_3479.jpg
左右から見た感じが全く違って面白いデザインになりました!
(オーナー様の持ち込みデザインです!)


DSC_3482.jpg
DSC_3484.jpg
舌の長さも2種類用意!
DSC_3488.jpg
まぶたもとりはずし可能です

DSC_3486.jpg
足の肉球もしっかりつくりましたよ~!(゚∀゚)カワイクできたとおもいます!

こだわりは沢山あるのですが、一番は腕と耳のリングを布で作ったことですね!
リアルな質感にするためにはやっぱり硬い本物のリングを使ってもよかったのですが、
私の個人的な制作テーマが「ぬいぐるみのようなきぐるみ・動くぬいぐるみ」なので、布でつくらせてもらいましたよ~!

というわけで今回はいつもに比べてあんまり書いてないけどここまで!

フェイクファーあれこれ(着ぐるみ制作・ファー選びについて)

どうも、ざんです。

突然ですが、みなさん。
着ぐるみに使うためのファーをどうやって選んでいますか?

最初は私はやみくもにネットで検索し、(*´∀`)「あ!これよさそうに見えるから買おう!」とサンプルも取らずに買いまくっていました(=゚ω゚)ノ

おかげでいろんな色のファーが家にあるのですが、それは全て「ブライトフェイクファー」と呼ばれる種類のファーでした

私はこのブライトフェイクファーと、ストレッチボアと呼ばれる伸びる生地しかこの世に存在しないと思い込むが如くそのファーばかりを購入していました(´_ゝ`)

実際、日本の着ぐるみの80%くらい(おそらく)はこのブライトフェイクファーで出来ていると思います。
もちろん、このブライトフェイクファーも、以前私が記事にしたとおり、毛の密度もそれなりにあって、使いやすいのですが、
「もっと手触りが柔らかくて気持ちいいものはないだろうか」と他の種類のファーも買ってみることにしました。


そこで、エクステリアルファーショップさん(URLでショップに飛びます)でお買い物をしてみました!!

実は以前にも利用させていただいていたのですが、サンプルをいくつかと、ためしに買ってみようかなとそのときは1種類しかお買い物しなかったんです。そのファーがとても手触りがよくて、サンプルもとてもよかったので、今回このショップさんのファーをほぼ全身につかって着ぐるみを作ってみようと思い、沢山購入させていただきました!o(^▽^)o

IMG_0356.jpg

じゃじゃ~ん!
届きました~~!.゚+.(・∀・)゚+..゚+.(・∀・)゚+.
今回作るキャラは、フォロワーさんにコミッションでデザインしていただいたキャラクターです!
メイン色が灰色と黒色ということで灰色と黒はかなりたくさんめに購入しています( ^ω^ )

とりあえず今回購入しましたファーについて簡単なレビューを書いてみようと思います~!!


右上と上、ナチュラルフォックスという種類のグレーとレッドです。
このファーは今回のキャラではメインの色です!
手触り重視・2センチ程度の毛足ということで選びましたが実物触ってびっくりしました。
すっごくやわらかいです!思ったよりずっしりと毛の密度もあって満足です!
これはメーター4300円くらい。普通のブライトファーよりやや高めですね(ノ)’∀`(ヾ)


右下、ライトムートンという種類のグリーンと、
その左にあるのは同じライトムートンのダークグリーンです。
こちらは毛足が短いというところから細かい模様のために購入しました。
ダークグリーンの方は想像していた色と違ったので別のものを新たに買うかもしれません・゚・(つД`)・゚・
毛足が短く、手触りも柔らかいです。他のショップさんではムートン生地はもう少し高いのですが、こちらのショップさんではメーター2300円くらいで買えますね(゚∀゚)!先ほど紹介しましたフォックスファー系に比べると毛の密度は低いですが、ちょっとした模様に使うにはとてもいいと思います(*´∀`)!


左下、Newロイヤルフォックスのブラウンです。
一番楽しみにしていたファーです!メーター5600円くらい。私が今までに購入したファーで一番高いものです(o‘∀‘o)*:◦♪
毛足がこのショップの中では割と長い方(4センチ程度)で、根元と毛先の色が違います。
今回作るキャラでは髪の毛に使おうと思って購入しました。
手触りはかなりリアルのキツネや犬などの動物に似せたものになっています。
ふわふわというよりかはサラサラリアル寄りな感じで大満足です!(* ´ ▽ ` *)

その上ヌートリアのブラックです。
人気です!と書かれていたので気になって、今回メインの色に使おうと購入。
この生地のクッションとかあると絶対気持ちいいですね。毛足は短いですが毛の密度も高く、とってもやわらかく、手触りが最高です(*≧∪≦)
早くこれを使って着ぐるみをつくりたいです!!


今回の注文は以上です。
サンプルも5種類までなら無料(高いものはサンプルにお金がかかる場合やもらえない場合もあるようです。お問い合わせしたら親切に教えてくださいますよ)ということで、前回4種類今回4種類お願いしちゃいました。
IMG_0354.jpg


今回、初めてブライトフェイクファー以外のファーに触れて、「私っていままでファーのことぜんぜん知らなかったんだなあ」と感じました。
高ければ良い、安ければ悪いではなく、サンプルを自分で取り寄せて、気に入った色や質感のものを見つけてそれで制作するという新たな楽しみを見つけることができてとても嬉しいです(*^_^*)

色んなファーのショップがあるので、これからも色んな種類のファーを触っていきたいなと感じました!
このちょっとリッチなファーを触るのが今から楽しみです!(゚∀゚)!

ここまでお読みいただき有難う御座いました!

ケモノ着ぐるみ制作!ボディ編あんどファー選びの注意喚起

どうも、ざんです。

さて、今回はよく質問されるケモノ着ぐるみの「ボディ」の作り方について解説していきますよ~!
私も色んな方から教えていただいた知識をそのまま記事にしている部分もあります。いつもありがとうございます。

※あくまで私の作り方です。他の人には他の人のやり方があるとおもうので、自分に合ったものを探してみてくださいね!
うまくいかなくても責任取れません。がんばって!

まず、自分と等身大の型を作りましょう!

型ってなあに?って方、写真を見ればきっとわかります。

CsuZeLbVIAA4D21.jpg

はい!これが型です。
これは私の体そっくりになるように、腕を肩の高さまで上げた状態で、ストレッチフィルムを巻き、その上から布テープでぐるぐる。
その中に新聞紙を詰めた簡単型です!

(どうやら足が短すぎたようで、あとでバランス狂う事件おきました。
みんなちゃんと身長に合ってるか確認しないとだめだゾ!(戒め))



この型は私の相方にお願いして巻いてもらったものですが、1人でなんとかしたい!って方は、要らない長袖長ズボンを軽く縫うなりして自分の体と同じような長さになるように繋げて中に同じように新聞紙詰めれば使えます!



そうして出来上がった型に、理想の形になるようにアンコ(綿詰めたクッションのこと)と新聞紙をストレッチフィルムで固定していきます。
IMG_6487.jpg
IMG_6486.jpg

今回私が作ったキャラクターは版権ですが、自己流のアレンジを加えて 太っちょな感じに作ろうとおもったのでアンコは沢山つけています。
模様が左右対称な場合は型紙は半身だけでOKです。

そして、ストレッチフィルムをスキマなくぐるぐる巻いていきます
(この上から布テープ貼るのでねばねばした型紙にならないようにするため)


ストレッチフィルムが巻けたら、上から布テープをスキマなく貼っていきます。
(ここでシワを沢山つくると使いにくい型紙になってしまいます!シワを極力作らないように貼りましょう!ファイト!)
IMG_6492.jpg

腕は肘の手前くらいまで型を取っておいて、あとで自分の腕の長さ+5~8センチくらい分腕をつけたほうが確実です。
型紙通りに裁断するとなぜか全く袖が足りなくなります。


貼れたら次は模様を書いていきます。
切りはなすときに分かりやすいようにパーツとパーツの間にしるしを入れたり、パーツごとに名前をつけて書き込んでおく(このパーツは前面Aとか、前面Bとか)と分かりやすいです。

IMG_6494.jpg
IMG_6495.jpg

毛の向きや色、ここは前なのか後ろなのか、おなかなのかおしりなのか、かかとなのかすねなのか・・・肩なのか脇なのかもしっかり書き込んでおきましょう。
型紙をバラしてどこのパーツか分からなくなったという話を沢山聞きますので、ここはもうしつこいくらいに書き込みましょう。

その方が時間短縮にも繋がります(型紙どれ?って照らし合わせて一日が終わることもざらです。)

IMG_6496.jpg

はい!型紙をパーツ分ける部分で切って型から脱出させて、中の余分なストレッチフィルムなどを取り除いて薄いぺらぺらな型紙になれば完成です!

この作り方は他の人から教わったものがほとんどで、私がまとめただけなので皆様ご自由にまねしてくださいね!
(模様とかはだめやで)

パーツ分けについては好みもあるので今回は割愛いたしますが、もし教えて!って方がいらっしゃったらまた記事にしようとおもいますので、ご連絡ください。


なおこちらのボディ型紙を使ってつくったところ・・・
足の長さがおかしなことになり、ボディのおなかを切ってファー足して繋ぐ大手術をした結果・・・
こちらの着ぐるみが完成しました!(撮影:はるかぜさん)
皆さんの自作ライフを少しでも応援できますように。
CvXhy6GVMAQ8vhs.jpg
CvXhy6xVYAAWCF-.jpg

以上 ボディの型紙についてでした~!次はファー選びについて説明です!




ファー選びについて!


実は私は、以前作っていたヘッドで、ヘッドのファーを洗濯してから貼り付けてみようと、一度貼り付けの前にヘッドのファーを洗濯したことがありまして。

そのとき、オカダヤさんの5311エンジと、ストレッチボアの白を使っておりました。

すると・・・

CwLvefdVUAALRVG.jpg

写真じゃわかりづらいんですが、目で見ると明らかに
ピンク色に染まってしまいました(;д;)

そして、最近作ったキャラクター(さっき写真も載せたキャラです)も、エンジと白の配色ですね。

一度エンジと白の組み合わせでピンクに染まって怖くなった私は
「そうだ!エンジのファーだけ先に1回生地の状態で洗濯して乾かしてから使おう!!」

と、ファーが届くや否や洗って乾かしてから使いました。

そして、初めてのボディ洗濯!
さすがに、一度洗濯してるし、もう大丈夫でしょう。染まらないでしょう!
なんて思ってました

・・・・
IMG_7449.jpg

染まっちゃいました(T_T)
写真じゃわかりづらいんですが、実際見るとほんのりピンクだねって感じです。

そして、気になったのが
「いままでエンジと白の組み合わせの子っていなかったの???」
ってこと。

探しました。
すごく探しました。
最近でてきたドラゴンのコと最近みないけど黒い模様入ったワンちゃん?以外、エンジと白は見当たりませんでした。

エンジつかってても、「エンジとベージュ」という組み合わせが多かったです。
エンジとベージュでは色移りは気にならなそうですね。

ということで、皆さんに知っておいて貰いたかった情報が、

「エンジと白の組み合わせはヤバイ!
色移りする可能性があるので気をつけて使ってね!」


ということです。

洗濯したのに・・・!悔しいです!(;д;)

でも、私自身そこまで気にならない(というか気にしないことにした)ので、洗濯してピンクがかってしまったコはそのまま運用するつもりです。

今回は以上です!

着ぐるみを作るうえで知っておきたかったこと

こんにちは。ざんです。

今回、自分が制作するにあたって「前以て知っておけばよかった・・・」という点が大量にある気がしたので記事にしました。

あくまで、私個人の失敗・こうすればよかったという点なので好みや作りたいキャラによっても異なる場合があることをご了承ください。

これから作られる方の参考になれば幸いです。



まずフェイクファーについてです。
以後、ファーと書きます。

ファーには種類があって、今回お伝えしたいことは、ツヤ(光沢)有りファーツヤ(光沢)無しファーの違いです。

ツヤ有りファーのことを「ブライトフェイクファー」と書いているところもあります。


どちらも値段にはあんまり違いはありません。
写真を撮ったので見比べてみましょう。
attachment04 (2)
↑まずこちら。左上においてあるのがオカダヤ通販で購入したツヤ有り黒の短毛2cm
その下に置いているのがトマトの通販で買ったツヤ有り黒の長毛4cm

ファーが端切れしかなかったのでこうなりました。
右側においているのがオカダヤアマゾン店で購入したツヤ無しの黒です。

これだけではどう違うのかよくわかりませんよね。

分かりやすいように今回は4cm長毛ファーをつかって比較してみます。
attachment00_20160310180404fa0.jpg
attachment01_201603101804067fc.jpg

二つの写真を見比べてわかるかどうか微妙なのですが、ツヤ無しのものは毛の密度が低く、逆撫でするとすぐに裏が見えて透けているような感じになります。はげですね!!

ツヤ有りのものは手触りも良くてつやつやで、毛の密度も高くてはげが目立ちにくいです。

結論。ツヤありときちんと書かれている商品を買いましょう!ということなんです。

私は間違えてこのツヤ無しを大量に買ってしまい、お金も生地ももったいないことになっています(家には置いていますがすごく場所とってて困ってます。)



続いて白いファーの比較です。

attachment04_20160310180407f38.jpg

左においているものがツヤ有り2cmファー。オカダヤ通販で買いました。
右のものがツヤなし2cmファー。これはオカダヤアマゾン店でかいました。

attachment02_20160310180459f31.jpg
attachment03_20160310180408787.jpg

写真から分かると思うのですが、白いファーは絶対にツヤ有りのほうがきれいです。好みもあると思いますが。
前述しましたとおり、ツヤありは手触りも良くて毛もびっしりはえててハゲがめだちにくいです。

着ぐるみを作る際にはこのツヤ有り(ブライト)フェイクファーを買いましょう!

私のようにツヤ無しを大量に買って悲しい思いをする人を減らしたいです!
今回なぜ白と黒をとりあげたかといいますと、一番つまずくのがこの色だからです。
分かり難い上に、細かい説明をきちんと読まないで買ってしまうとこういう結果になりかねないからです。

つまり、説明のところにきちんとツヤ有りと書いてある、または「ブライトフェイクファー」とかかれているものを選びましょう!
ということなんです。


私のような失敗をする人が減って平和に着ぐるみファーを選べますように。。。





続きまして、毛の向きについてです。

毛の向きについてはいろんな方のブログにもあるとおもうのですが、根本的に毛の向きってどうなの!?って質問を受けたことがあったので、ここにイラストを置いておきます。
これでも分からない人は動物の写真をみてしっかり研究しましょう!!
attachment03 (2)

先ほどもいいましたが動物の写真をみて研究するのはすごく大事なことだと私も教えて頂いているので、是非みなさんも作りたい種族の写真をみて、じっくりデザイン練ってくださいね!





最後に、についてです。

着ぐるみの目は私がつくっているもので2種類ありまして、

・目のところにたくさん穴が開いた金属のものを使うアルミパンチ式
・車に使うスモークフィルムを使って覗くスモークフィルム式

この二種類です。

私は作り始めて最近まではずっとアルミパンチをつかっていました。


attachment00 (2)

↑この目は印刷したフィルムを貼り付けて針でぷちぷち穴を開けた目です。

attachment01 (2)

↑これはカラースプレーで塗装して、目のハイライトなどはシールを貼り付けてあります。

attachment02 (2)

↑こちらは目を印刷したシールをカッターで黒い部分だけきりとって貼り付けたものです。



ずっとアルミパンチのほうが動きやすいし覗きやすいし涼しいと聞いていたのでそれを採用していたのですが、
あるとき「スモークフィルム式の方がかわいい!」と言っているのを見てしまい、
それなら一度作ってみようとスモークフィルムで着ぐるみを作ってみました。

前に里親募集していたキャラです。このキャラはスモークフィルム式の目を使いました。
CcX6PaHUkAAw_El.jpg

確かにかわいくなるなあと思いました(近くで見てもアルミパンチのような穴が確認できないのでどこから覗いてるのかわからないため)

しかし、私が一度このスモークフィルム式の着ぐるみを着たときに、あつすぎてバテたうえ、
目のところがくもってしまって視界がすごく悪くなり、すぐに脱いでしまいました。

見た目を取るか、快適さを取るかだと思いますが、くもりどめをぬれば少しは緩和できます。

アルミパンチも目の細かいものをつかえば遠くからは気になりません。↓attachment01 (1)

アルミパンチは黒いものを使ったほうが反射で見えなくなることを防げるのでオススメです。

上手くまとまったかどうかわかりませんが、とりあえずは以上です。

みなさんの自作ライフを少しでもサポートできたらなと思っています。ありがとうございました。



何かありましたら
Twitter @zazaza0525 ←こちらのDM 
または
shiriyukizan@gmail.com こちらにご連絡ください。
プロフィール

Author:ざん
ケモノ着ぐるみを作っています。

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。