FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近グリーティングについて思うこと

こんばんは、お久しぶりです。
ざんです。

最近「グリーティングしませんか!」みたいな感じの募集が増えてきてて、少し思うところがあったので記事にすることにしました。

いつも通り、私の考えですので、全員の方がそうだとは思いませんし
強制するものでも無いです。
そして、特定の個人や団体を批判したいために書いたわけでも無いです。
そして私自身もアマチュアだし、そういう仕事をしていたわけでもないので、ただのぼやきとしてみて下さい
他の方のご意見は是非聞きたいので、コメントなりいただけると反応できるかもしれません。


ではさっそく本題に入りましょう。

最近、コスプレイベントに参加して一般の方と触れ合うことを「グリーティング」と呼んでいる方が居ます。

最初は私自身気にしてなかったのですが、よく考えるとちょっと違う気がしてきました。

現在私は施設の方にご依頼を頂いて、ボランティアと言う形で私たちの団体でみんなで地域のお祭りを盛り上げる為にキャラクターを出しています。
それは施設の方からのご依頼が無いと出来ないことです。
当然ながらキャラクターが汚れても、傷ついても、壊れても、自分たちの責任です。

一方コスプレイベントは、たとえばAという場所をコスプレイベントを開催するB社が貸しきって、コスプレをしたい参加者からお金を取って更衣室と撮影する場所Aを貸し出すモノです。
つまり、これは参加者が着替えや場所を借りる為にお金を支払っているんです。
依頼されてやっているわけではないのです。

なので、最悪の場合施設に迷惑をかけることになる・・・と私は考えています。

たとえば、あるキャラクターCくんがコスプレイベントに参加するためにB社にお金を払って更衣室を借り、キャラクターを出して一般のお客さんと触れ合っていたとします。
その中で一般のお客さんは「Cくんはこの施設のイメージキャラクターなのかな?」と思うかもしれません。
もしCくんが相手のお子さんを傷つけてしまったり、Cくんのツイッターや皆さんの見えるところにR18のイラストや写真がのっていたら、一般のお客さんはその施設に文句を言うかもしれませんね。

当然、キャラクターを出しているというめずらしさから一般のお客さんは近づいて来てくれるかもしれません。
でも、それはあくまでコスプレ参加者としてキャラクターを出しているのであって、キャラクターのコスプレをしている周りの参加者さんと変わらない立場なんです。
つまり、グリーティングではなく、「場所を借りて撮影している」のだと私は考えています。
コスプレイベントでキャラクターを出している場合は、コスプレイベントの開催概要やルールが存在しますしそれを守らなければなりませんね。
つまり、ルールが存在しているので、コスプレイベント内で問題が起きた場合は運営さんが仲介して対処してくれる場合もあると思います。
そして、この場合の一般人の方(コス参加者ではないお客さん)と、コスプレ参加者は対等な立場であると思います。

しかし、施設の方からご依頼を受けてやっているグリーティングをしている団体さんはまた話が違います。
施設の方からの依頼でやっているので、当然すべての安全確認であったり、キャラクターの汚れだったり、キャラクターに対しての暴力などすべてのトラブルを自分たちで回避・何かあれば自分たちだけで対処できなければなりません。
責任を全て自分たちで取らないといけないということです。
この場合の一般人の方とグリーティングをやっている団体さんは、立場が違います。
お祭りでのグリーティングを例に出すと、
一般の方は、お祭りに参加している一般のお客さんです。
一方グリーティングをやっている団体さんは、ボランティアと言う立場ではありますが、お祭りの運営さんに近い存在になるのです。

なので、私はコスプレイベントに参加してキャラクターを出すことを「野外撮影会」とか「撮影会」と呼んでいます。

そして、施設の方に依頼を受けて出すグリーティング(ボランティア)はグリーティング、またはグリと呼んでいます。

確かに本来の意味ではキャラクターと会う、触れ合うことがグリーティングと言う意味かもしれません。
しかし、周りに迷惑をかけるかもしれないという行為をグリーティングと呼んでよいのでしょうか?
私はもともとテーマパークのキャラクターグリーティングが大好きです。
キャラクターも、付き添いのアテンドさんも、しっかりお客さんの安全やキャラクターの安全を考えて行動しています。
そしてそれをお仕事としてやっているのです。
私はそういう職業をすごく尊敬しています。
だからこそ、そういう「リスク」を把握してやってほしいと考えています。
でないと、どこかで問題が起きれば今の社会悪いことは広まるのがとても早いです。
着ぐるみやフルフェイスでコスプレイベントに参加できなくなることだってあるかもしれません。
実際、いくつかのコスプレイベントはフルフェイスで参加できなくなっています。

堅苦しい話で申し訳ないのですが、本当にしっかりリスクについて考えてからキャラクターを出して欲しいなと思ってこの記事を書かせてもらいました。

何かこの件について補足があればその都度追加します。
また、コメントなどもありましたら私のツイッターまたはこの記事のコメント欄にてお願いします。





そして話は変わります
ボランティアでやらせてもらってるグリーティング、大変なことも多いですが、うれしいことも楽しいこともたくさんあります。
今回はグリーティングの話をしていたので大変なことやうれしいことなどもまとめて行こうと思います。

まずこちらのお写真みてください。
Dqh55f3UwAA5nnE.jpg
DqmfnE5U0AA2x_h.jpg
こどもたちがすっごい笑顔で近づいてきてくれます。
私自身もパワーをもらえるし、何よりとっても幸せな気持ちになります。
小さなこどもたちからおばあちゃん、おじいちゃんまで絡みにきてくれます。
普段私が生活しているだけではけして味わえないような経験をさせていただいています。
それが、ボランティアにおいて一番必要なやりがいだと感じています。
そして、それがとても私自身の着ぐるみ制作や生きるためのモチベーションになっているのです。


そして、大変なことについてです。
こどもたちもみんながみんな優しくキャラクターと遊んでくれる子達ばかりではありません。
叩いたり、なぐったり、蹴ったりしてくる子達もいます。
しっぽをひっぱったり、ファスナーをさがしたり、首をめくってきたり。
そういう子達からキャラクターを守るのはアテンドの仕事です。

キャラクター個人個人でも気をつけてもらいますが、どうしてもアテンドが時には体を張って守らないといけません。
私はグリーティングにおいて一番難しいのはアテンドだと思っています。
子どもたちもそうですが、大人もキャラクターに暴力したりすることがあるとネットなどでは噂になっていますね。
そういう人たちからキャラクターを守ったり、またお祭り会場ではキャラクターに食べ物飲み物が付着する可能性もあるので、それからも守らないといけません。

私たちはボランティアです。
食べ物で汚れても企業や会社のお金でクリーニング・・・なんてことはできないたった一つしかない自分のキャラクターです。
当然、壊れたり汚れたりしてもリペアできる人たちがほとんどではありますが、やはり自分のキャラクターですし、何より全て実費で修理も手入れもしなければならないので、アテンドがそのあたりのことをしっかり見張って守らないといけません。
それが難しいことかな・・・と思います。

以上とりあえず書きたいことは全部かけたかな?今のところは。
また何か書きたくなったら追記または新しく記事書いてるかもしれません。
スポンサーサイト

着ぐるみのデザインや名前などの暗黙の了解などについて

お久しぶりです!
ざんです。

今回は私がケモノ着ぐるみのオーナーになって感じたことやオーダーされるとき、着ぐるみを制作するときなどあらゆる局面で感じたことをまとめて行こうと思います。

あらかじめ書かせてもらいますが、あくまで「私個人」が感じたことなので
これがケモノ着ぐるみ界隈(以後着ぐるみ界隈と書きます)全体の意見というわけではけしてありません

文章多めになるので覚悟してみてってくださいね!!


 まず、ココ1~2年でものすごく着ぐるみの数が増えたと思うんですよ。
私もそんな暦が長いわけじゃないのですが、私が着ぐるみ界隈に入ったときに比べますとかなり増えていると思います。
そんな中、気になるのは「デザイン問題」ですよね

私はオーダーなどでたまに「このイラストのキャラクターみたいな感じの着ぐるみをつくって!」と依頼を頂くのですが、
そのイラストのキャラクターまんまを作ってしまうのはNGだと思います。
(そんなこと当たり前だと思う人、その通りです。あなたの意識は私と同じです)
なので私は『頂いたイラストの色の大まかな割合と種族』だけを参考にモヨウを増やしたり減らしたり、目の形を変えたり体型を大きく変えたりして自分の絵柄に落とし込んで再度別のキャラクターをデザインさせていただいています。
そのため、頂いたイラストと私が描きあげたキャラクターは完全に別物です。
この説明を怠った為に、実はちょっとしたトラブルに発展しそうになりました。
もともと頂いたイラストのキャラクターと同じ名前を私がデザインしました別のキャラクターにつけてしまうという事案が発生しました
(解決済みです)
これの何がいけないのか分かりますか?
自分がデザインを所有している場合は構わないのですが、人のデザインをお借りする場合は必ず許可を得るのが必須条件だと思っています。今回私は完全に体型も顔も別物としてデザインしましたのでイラストを描かれた方にもコンタクトを取らずに進めていました。でも同じ名前をつけてしまった場合、その事情を知らない人が見た場合 元のイラストを描いた人が作ったの?とか元のイラストのキャラと同じ名前だし確かに色同じじゃん!と思うかもしれませんよね。これは元のイラストを描いた方にご迷惑になるのです。
私は完全に別物としてつくっていたとしても、名前が同じなら絶対もとのイラストを想像するでしょうし、区別ができなくなるばかりか、元のイラストを描いた方が名前が同じそのキャラクターの着ぐるみを作れなくなってしまうかもしれません。(←これについては※1で説明)

基本的に私はすでにいるキャラクターさんに迷惑をかけないように自分の絵柄や作風をフルに使って別物として表現させていただいています。
たとえば「このキャラがすきなの!」と写真を頂くことがありますが、そのまま作ることは絶対に出来ませんし、自作される方でも絶対に全く同じモヨウで作ることはしてはいけないと思います。
なぜなら、そのキャラクターはそのオーナー様のものです。
他の人が作ってはいけないと思います。これもそのオーナー様に迷惑がかかるからです。
日本にあるファーの数はかなり少ないです。
色がかぶることも、似てしまうこともあるとは思います。それでもキャラクターさん同士は尊重しあうべきだと思います。
しかし、どうしてもリスペクトしたい、似せて作りたい場合は作る前に(これ大事)オーナーさんに許可を取ってみましょう。
オーナーさんしだいでは兄弟設定にしてもいいよ!と許可を下さる方も居るかもしれません。

 ※1 キャラクターの名前について。
先ほども書いたのですがキャラクターは沢山増えて来ました
人によってはキャラクターの名前が被ってしまうこと「名前被り」を嫌う人も居ます。
とはいえ日本人にもよくある名前 太郎くんとか 拓海くんとかみたいに、着ぐるみにおいてもよくある名前ってあると思うので、必ず被らせないって言うのは無理だと思うので、これもまたもしどうしてもその名前を使いたいのでしたらもともといらっしゃる着ぐるみさんのオーナーさんにあらかじめ聞いておくのが良いかもしれません。聞いておけばあとで「名前被ってるぞ!!!」とトラブルになることもないでしょうし、波風立てずに済むと思います。

私個人的には「被りにくい名前」を選んでつけている(つもり)なので被らないとは思います。
もし名前被ったら嫌だな~って思われる方がいましたら、被りにくいお名前をつけてみるのはいかがでしょうか?
呼びにくくなったりするかもしれないですが、その場合は愛称をつけて愛称で呼んであげるとさらに愛着が増すかもしれませんよ!

デザイン被りや名前被りもそうですが、トラブルにならないようにするための予防策ですよね。
相手への思いやりといいますか。
インターネットの関係といえ画面の向こうには人間がいて、人間同士のやりとりなのですから、そういうものが必要になってきているのかもしれませんね。

参考までに、海外の着ぐるみさんは母数が大きすぎて名前被ってるのかどうかすら調べるのがたいへんなので多分もう皆さん諦めてる気がしますw!

読みにくい書き方で申し訳ありませんが思ったことをつらつら書かせてもらいました。

なにかありましたらtwitter: Z_CUBE_まで
プロフィール

Author:ざん
ケモノ着ぐるみを作っています。

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。