FC2ブログ

ざん流グリーティング講座!

こんばんは!
先日、私が主催のオフ会・Zもふ4を開催し、そこで「ざん流グリーティング講座」を行いました!

沢山原稿書いたのにそのままけしてしまうのももったいない気がしたので、ここに掲載することにしました!

あくまで、私の主観であり、他の方には他の方のやり方があるとは思います。
参考にしていただけるととても嬉しいです!

そして、読み上げ原稿まんまで掲載するのでおかしいとこあったらごめんなさい!

それでは参りましょう~!




グリーティングあれこれ~な思いつき企画でしゃべらせてもらいます!
ほんと数日前に突然やろう!ってなったので、何も準備できてなくてしゃべるだけです!
お暇だったら離れてもらって大丈夫です!

でははじめます
私はもともとテーマパークのキャラクターグリーティングがすきで、この界隈に来ました。

なので、テーマパークでもとめられているようなキャラクターを目指しています。
そんな私が、ありがたいことにグリーティングをさせていただける機会がありまして。
その中でいろいろと思ったこと、こうしたほうがいいなってことを皆さんに共有したいなっておもって今日はしゃべらせてもらいます。
当然なのですが、私の完全な主観でしゃべりますので、意見が違う方もいるかもしれません。


まず、グリーティングの定義・・・ですが、こういう界隈向けの内向けイベントではなく、一般の人に向けたイベントの運営側に属する「外向き」のイベントを指すと思っています。

ここでよく出てくる話ですが、コスプレイベントはコスプレをするためにお金をはらって場所を借りて、そこでキャラクターの写真を撮るのがメインなので、場合によってはそこでグリーティングのように一般の人とふれあったりするとコスイベのほうに迷惑になったりする場合もあるので、いろいろときちんとした許可や配慮が必要になりますし、コスプレイベントでキャラクターを出す場合は運営側ではなく、参加者側としての参加になるため、グリーティングの定義からは除外しています。
そうではなく、あくまでも、外向きにキャラクターをみてもらう、というためのイベントになりますので、たとえばお祭りやイベントを盛り上げるためにキャラクターを出したり、子どもたちを相手にステージ上などでおゆうぎのようなことをして、運営側にたつことを指します。

それでは、グリーティングについてお話します。

まずは、キャラクターについて考えましょう!
お客さんは、キャラクターをテーマパークのキャラクターみたいに、1人の生き物、キャラクターとして扱ってくれる方がほとんどです。
子どもも時々「中の人がいるんでしょ?」と聞いてきますが、彼らは本当に中の人の存在を観たいと思ってそう言っているのではなく、好きな子をいじめたくなる・・みたいな感じで、気になるから困らせてみたくて言っているのです。

なので、キャラクターをキャラクターとしてみてもらうためにも、自分のキャラクターはどういう性格で、どういう動きをするのかをきちんと考えてみましょう。

たとえば、ウチのギャビンは「頭が良くて優しい心を持っているけど、普段は表に出さない。人にスキを見せたくないのでツンケンしていたが、いろんな人と触れ合ってなんとなくやや丸くなってきたところ」っていうめちゃくちゃ細かい性格設定があるのですが、キャラクターの動きに関わるときはシンプルに考えるほうがすっごいわかりやすくて動きにもしやすいです!

なのでギャビンの場合は「クールを装っているけどやさしい」が一番シンプルな性格紹介です。

こんな感じで、自分のキャラクターの性格をシンプルに考えてみましょう!

それが決まったらあとは好きなものや苦手なものを決めておくともっと動きやすくなるかもしれません。

たとえば、ギャビンは甘いもの全般と丸いものが大好きです。
そして、苦いものと辛いもの それからワニですが虫が苦手です。

キャラクターについて決められたら、次はアテンドさんやメンバーとしっかり話し合いをしましょう。アテンドさんというのは、キャラクターのお手伝いをするためにキャラクターのそばに付き添う生身の人のことです。

とうぜん、グリーティングは一人でやるものではありませんし、一人でやってはいけません。
視界の悪いキャラクターが一人で行動していると、転んで怪我をしてしまっても、こどもたちにいじめられたりしても誰も助けてくれませんし、人にぶつかって怪我をさせてしまうことだってあるかもしれません。
安全のためにも、単独行動は絶対にしないようにしてください。
自分は大丈夫と思わず、必ずアテンドと行動しましょう。


アテンドさんとは、出してからどれくらいの時間でもどるのか・万が一しんどくなってしまったり、緊急のときはこういう合図を送るので控え室に連れて行ってほしい・キャラの名前・種族等を話しましょう。

キャラ着用時・周りを囲まれてしまった場合はアテンドさんと会話はできません。
キャラクターがしゃべってしまうとキャラ崩壊になるキャラクターさんがほとんどだからです。
ふなっしーみたいにしゃべるキャラもいますので、それは自分のキャラクターのスタイルに合わせてやるのがよいと思います。

キャラクターとアテンドの話し合いが終わったらいよいよキャラクターを出します。

私の場合は、子どもたちの顔にあたったり傷つけたりするとたいへんなので、ネームタグはつけていきません。
小型の扇風機については、私が今回とりあげているグリーティングのお話では必要ないと思うのでこの話は割愛します。詳しく聞きたい人はあとで個別に質問してください。

私の場合は首の毛が自然になるように、首にスカーフを巻いてグリーティングしています。

胸があるメスのキャラクターさんはお洋服を着せたり、胸を隠すための布?を巻いたりしてグリしている子が多いですね!

そして、グリする上で必要なのがアテンドさんの技量です。
キャラクターもですが、アテンドさんがいかにキャラクターの言っていることを理解し、それをまわりのお客さんたちに伝えたり、キャラクターを守ることが最重要事項だと私は思っています。

グリーティングにおいて、一番重要なのはアテンドです。

アテンドについて、今からお話します。

では、アテンドの話をしましょう。
アテンドは基本的にはキャラクター1体につき1人が望ましいです。
本当に狭い範囲を行き来するだけの場合やすぐに戻れる場合は2キャラに1人でもかまいませんが、1キャラにつき1人つけてもらったほうがいいです。
主な役割はキャラクターの誘導、キャラクターを守ること、お客さんとのコミュニケーション、キャラクターの通訳、時計をみることです。

一つ一つ説明しますね。

まずはキャラクターの誘導、文字通り、グリーティングを行う広い場所までキャラクターを誘導します。
控え室に帰るときもキャラクター一人には歩かせず、やさしく手を引いたり前を歩いたりして誘導してください。

そして、キャラクターを守ることについてです。
これが一番重要かもしれません。
キャラクターを人形だと勘違いして殴ってきたり、尻尾をひっぱったり、いたずらしてくる子どもがたくさんいます。悲しいですが大人ですらそういう人はいます。
そんなとき、痛いからやめてね 同じことされたらどう思う?と強めに言ってみましょう。
そして、それでも引かない子はいじめている手を握って目を見てしっかり注意しましょう。

それでも引かない子どもがいる場合、続けて同じ場所でグリーティングするのは危険です。
なぜなら、子どもたちは悪いことをしても、そこまで罰がなかったり、叱られても怖くなかったりすると、この程度のいたずらをしてもぜんぜん怒られないし怖くない、それならもっとすごいいたずらをしたらどうなるだろうとどんどん増長していくからです。

その場合はあきらめて潔く控え室に一旦引いてください。
アテンドがどうすることもできないときは引くことも必要です。
私は大阪でしかグリーティングしたことがないので、他の地域にはこういう子はいないかもしれませんが、大阪ではたまにみます。

お祭りの会場などでは、フランクフルトやわたがし・ジュースなど、たべものを持っている子がたくさんいます。

われわれは企業の着ぐるみもちではないので、キャラクターについたらたいへんです、そういうものを持っている子を近づけないようにするのもアテンドの仕事です。

キャラクターについちゃうから、大人の人に持っといてもらおうか。 こぼして他の子についたらたいへんだから今は大人の人に持ってもらおうね などと声をかけてキャラクターに近づけさせないようにしてください。



次に、お客さんとのコミュニケーションです。
お客さんから、これは何かのキャラクター?と聞かれたら「オリジナルです」と素直に答えましょう。
キャラクターをつれてボランティアをしています、などとお話できるといいですね。
名前や種族など聞かれるかもしれないので、それもきちんと答えましょう。

キャラクターの名前や種族を明かす以上は、インターネットで検索してくれるご家族もいるかもしれません。
せめて、グリーティングで出すキャラクターは、R18のイラストやつぶやきなどは控えるのがマナーだと思っています。


次にキャラクターの通訳です。
キャラクターがお客さんと何をはなしたいのか、動きを見て読み取ってお話します。
たとえば、とある子がかわいいお花の模様のお洋服を着ていて、キャラクターがそれをゆびさして、手をたたいたとしましょう。こどもはなんのことかわからないという感じの顔をしているかもしれません。
そのときにすかさずアテンドは「あっ、かわいいお花がさいてるね~きれいだね」とおはなしすると、それだけでキャラクターとお客さんとのふれあいのきっかけができますね。


そして、時計をみることです。

そのままの意味です
時間をみて、何分でもどると決めた時間までしっかり時計をみてもどる時間が近くなったら教えるなどしてあげるといいですね!

以上です!

ながくなりましたが、ここまでです。
何か質問がありましたら今聞いてもらっても個別にきいてもらっても大丈夫です!
ご清聴ありがとうございました!





以上です! なにかありましたらコメント、DMにてどうぞ!
スポンサーサイト



小型の扇風機についてのまとめ

こんばんは~!
おひさしぶりです。ざんです。

今回は、タイトルにもありますように「小型扇風機」について、ツイッターでいろんな話が出てきて、私なりに思ったことをまとめようと思ったので記事にしました!

まずいつもの前置きです。

私なりの考えです。
これは他の人すべてが当てはまるとか、すべての人の考え方をかいたものではありません。
そして、これによって何か不利益が生じたとしても責任は取れません。
この記事は考えを強制するものではありません。
よろしくお願いします。


そしてもうひとつ、必要な前置きがあります。

ここで私が記載する「グリーティング」(以下グリと書きます)は、
「ケモノ着ぐるみ界隈のイベント(限定された貸切られた部屋などで着ぐるみについてよく知っている人と交流する内向きのイベント)」ではありません。
グリは「キャラクターとして一般の方の前に出て楽しんでもらう外向けのイベント」を指します。


なので、
着ぐるみ界隈のイベント(例をあげるとケモコン、Zもふのようなケモノ着ぐるみイベントなど)は今回書く記事において「グリ」には含みません。

それをご留意頂いた上でこちらの記事をお読みください。よろしくお願いします。





それでは本題に入りましょう。

きっかけはとある方のツイートだったと思います。
「グリで露骨に扇風機をくわえているキャラクターやだなー」というような感じの内容だったと思います。

私もやだなーと思っていたのでそれに同調する形でツイートしました。
(扇風機をかわいく加工して、食べ物のぬいぐるみをぶら下げてるみたいな感じなのはめちゃくちゃかわいいしいいと思います。
今回は、小型扇風機を裸のままくわえているキャラクターさんについてのお話でした。)

すると、いろんな人の意見がたくさんでてきてびっくりしました。

そして、グリで扇風機をくわえているのを見たくない派と、くわえててもいいじゃん派
がいることに気づきました。
(以後、扇風機NG派とOK派と書きます。)

私は両者の言い分を聞きたいので、それぞれの方と詳しく話をさせてもらいました。
(話をしたいといっただけなのですが、お前とは話したくない!と向こうから一方的にブロックされたりと散々でしたが・・・w)

それでわかったことがありました。


まず、グリ中扇風機NG派
この扇風機NG派は基本的に、キャラクターに「なりきる」タイプの人だということがわかりました。
キャラクターになりきる、キャラクターがそこに存在しているということをお客さんにアピールするためには、中の人の存在を極力までに消す必要があります。
人前でヘッドを脱いだり、首元がチラ見えしてたり、足のすそがめくれて中の人がこどもたちや一般の人に見えてしまうということはあってはならないと思っています。

それは、「自分がキャラクターになりきっている」からです。
たとえば、私にはギャビンというキャラクターがいます。
そのキャラクターは私が着ているけど、グリ中はざん ではなく、ギャビンなのです。
そこにギャビンがいる と思って接してもらう、それがグリーティングだと思っているから、
極端な話、扇風機をくわえるということは、お客さんの前でヘッドをはずすのと同じくらい、中の人の存在を認めてしまう行為になりますので、嫌だなあと感じてしまいます。
大好きなミッ○ーマウスが扇風機をくわえて歩いていたら、キャラクターにそぐわないし、嫌だな・・・と感じてしまう。
私はなりきりタイプなので、こちらの意見です。
また、キャラクターがやんちゃっこで、なんでもかんでも口にいれてしまうというような設定を持ってる子だったら、なんでも口にいれちゃって、かわいいな。って思います。
要するにキャラクターの設定が動きと異なる場合にいやだな・・・っておもっちゃうみたいです。



そしてグリ中扇風機OK派
こちらの方とお話していくにつれて、私が伝えたいことがきちんと扇風機OK派の人に伝わっていないことがわかりました。

扇風機OK派の方は(全員がそうとは限りませんが)、なりきりタイプではなく「キャラクターを人ありきで見ているタイプ」です。
なので、扇風機は「中の人がしんどいんならもってていいんじゃない?」というようなお話でした。

そして、OK派の方が「小型扇風機を使うなっていうの、レジ打ちしているときに座っている人を指摘するのと同じ」とツイートしました。

ここで私は完全に理解しました。
めっちゃ話ズレとるやん!!!!!!!!!

レジ打ちを座ってしていることについての指摘は以前ツイッターで話題になっていましたね。
アルバイトをしているレジ打ちの人が、イスにすわってレジ打ちをしている・・・ということについて賛否両論あった話です。

個人的にアルバイト中に座ってレジ打ちするのは、仕事だし、別に座ってでもできる仕事なら座ってレジ打ってていいと思います。
むしろ、なんでたたなくちゃいけないの・・・?

座ってレジ打ちすることを指摘すること=小型扇風機を使うなということ
だと感じている人はなぜそう感じるのか、自分なりに考えてみました。

そのひとたちにとって、
立ってレジ打ちをさせること=しなくてもいいしんどいことを強要してる=扇風機を使わないでキャラを出す
ということになります。

つまり、扇風機OK派の人からみて、私ら扇風機NG派は「キャラクターを着る=暑くてしんどいこと」に対して楽できる扇風機を規制したいと思われてるってことになります。

ええ、とんだ誤解です。


私ら扇風機NG派は、しんどいことを強制させるために扇風機をつかわないで!と言っているのではありません。

キャラクターのイメージ、純粋に見た目が悪い、写真映えしないなどさまざまな理由はあります。
そして、扇風機をつかうなら、ヘッドに内臓すると言う方法もありますし、キャラクターが持ってかわいいように食べ物のカバーを扇風機につけているキャラもいます。

グリーティングは、一般の人にみせるためのもの、ひとりよがりであってはいけないと思います。

一般の人がどう考えているか、我々とどうせっしてくれるのかを観て、しっかりそれにあった動きをしないといけません。


そして、私は界隈とは関係ない着ぐるみに関心のない友人にそれぞれ「扇風機をくわえているキャラについてどう思うか」きいてみました。
「みてはいけないものを見てしまったようで悲しい」
「みてみぬふりする」
「えーーいやだーー」
「中の人の心配するかな・・・しんどいのかなとか」
「それってぜったいひつようなものなん?」
との回答をいただきました。

これをみてもわかるように、「いやだ」と感じる人が圧倒的多数だと思います。
お客さんにみてみぬふりさせるんですか?
私は、しんどいことを強制する意味で言っているのではありません。

キャラクターの在り方、動かし方を、もう少しかんがえてもらいたいな。。。と思い記事にしましたが、さきほど説明しましたとおり、私の想像をはるかに超えるレベルでの話のズレが起こっていたので、すべての人にこれを説明し、わかってもらうのは不可能だと判断したため、この記事を書き残して、これ以後他の方を説得するのはあきらめようと思いました。

人それぞれといわれればそれまでですが、一般の方は テーマパークのキャラクターと変わらないような扱いをしてきてくれます。
それにたいして、失望させるようなことはしたくありません。

私は、扇風機を持たないかわりに、ヘッドに内臓したり、しんどくなりそうならこまめに帰って休憩しながらグリを楽しみたいと思います。

意見などございましたらコメントまたはDMにてどうぞ。
最後までお読みいただきありがとうございました!
プロフィール

Author:ざん
ケモノ着ぐるみを作っています。

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR