FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

着ぐるみのデザインや名前などの暗黙の了解などについて

お久しぶりです!
ざんです。

今回は私がケモノ着ぐるみのオーナーになって感じたことやオーダーされるとき、着ぐるみを制作するときなどあらゆる局面で感じたことをまとめて行こうと思います。

あらかじめ書かせてもらいますが、あくまで「私個人」が感じたことなので
これがケモノ着ぐるみ界隈(以後着ぐるみ界隈と書きます)全体の意見というわけではけしてありません

文章多めになるので覚悟してみてってくださいね!!


 まず、ココ1~2年でものすごく着ぐるみの数が増えたと思うんですよ。
私もそんな暦が長いわけじゃないのですが、私が着ぐるみ界隈に入ったときに比べますとかなり増えていると思います。
そんな中、気になるのは「デザイン問題」ですよね

私はオーダーなどでたまに「このイラストのキャラクターみたいな感じの着ぐるみをつくって!」と依頼を頂くのですが、
そのイラストのキャラクターまんまを作ってしまうのはNGだと思います。
(そんなこと当たり前だと思う人、その通りです。あなたの意識は私と同じです)
なので私は『頂いたイラストの色の大まかな割合と種族』だけを参考にモヨウを増やしたり減らしたり、目の形を変えたり体型を大きく変えたりして自分の絵柄に落とし込んで再度別のキャラクターをデザインさせていただいています。
そのため、頂いたイラストと私が描きあげたキャラクターは完全に別物です。
この説明を怠った為に、実はちょっとしたトラブルに発展しそうになりました。
もともと頂いたイラストのキャラクターと同じ名前を私がデザインしました別のキャラクターにつけてしまうという事案が発生しました
(解決済みです)
これの何がいけないのか分かりますか?
自分がデザインを所有している場合は構わないのですが、人のデザインをお借りする場合は必ず許可を得るのが必須条件だと思っています。今回私は完全に体型も顔も別物としてデザインしましたのでイラストを描かれた方にもコンタクトを取らずに進めていました。でも同じ名前をつけてしまった場合、その事情を知らない人が見た場合 元のイラストを描いた人が作ったの?とか元のイラストのキャラと同じ名前だし確かに色同じじゃん!と思うかもしれませんよね。これは元のイラストを描いた方にご迷惑になるのです。
私は完全に別物としてつくっていたとしても、名前が同じなら絶対もとのイラストを想像するでしょうし、区別ができなくなるばかりか、元のイラストを描いた方が名前が同じそのキャラクターの着ぐるみを作れなくなってしまうかもしれません。(←これについては※1で説明)

基本的に私はすでにいるキャラクターさんに迷惑をかけないように自分の絵柄や作風をフルに使って別物として表現させていただいています。
たとえば「このキャラがすきなの!」と写真を頂くことがありますが、そのまま作ることは絶対に出来ませんし、自作される方でも絶対に全く同じモヨウで作ることはしてはいけないと思います。
なぜなら、そのキャラクターはそのオーナー様のものです。
他の人が作ってはいけないと思います。これもそのオーナー様に迷惑がかかるからです。
日本にあるファーの数はかなり少ないです。
色がかぶることも、似てしまうこともあるとは思います。それでもキャラクターさん同士は尊重しあうべきだと思います。
しかし、どうしてもリスペクトしたい、似せて作りたい場合は作る前に(これ大事)オーナーさんに許可を取ってみましょう。
オーナーさんしだいでは兄弟設定にしてもいいよ!と許可を下さる方も居るかもしれません。

 ※1 キャラクターの名前について。
先ほども書いたのですがキャラクターは沢山増えて来ました
人によってはキャラクターの名前が被ってしまうこと「名前被り」を嫌う人も居ます。
とはいえ日本人にもよくある名前 太郎くんとか 拓海くんとかみたいに、着ぐるみにおいてもよくある名前ってあると思うので、必ず被らせないって言うのは無理だと思うので、これもまたもしどうしてもその名前を使いたいのでしたらもともといらっしゃる着ぐるみさんのオーナーさんにあらかじめ聞いておくのが良いかもしれません。聞いておけばあとで「名前被ってるぞ!!!」とトラブルになることもないでしょうし、波風立てずに済むと思います。

私個人的には「被りにくい名前」を選んでつけている(つもり)なので被らないとは思います。
もし名前被ったら嫌だな~って思われる方がいましたら、被りにくいお名前をつけてみるのはいかがでしょうか?
呼びにくくなったりするかもしれないですが、その場合は愛称をつけて愛称で呼んであげるとさらに愛着が増すかもしれませんよ!

デザイン被りや名前被りもそうですが、トラブルにならないようにするための予防策ですよね。
相手への思いやりといいますか。
インターネットの関係といえ画面の向こうには人間がいて、人間同士のやりとりなのですから、そういうものが必要になってきているのかもしれませんね。

参考までに、海外の着ぐるみさんは母数が大きすぎて名前被ってるのかどうかすら調べるのがたいへんなので多分もう皆さん諦めてる気がしますw!

読みにくい書き方で申し訳ありませんが思ったことをつらつら書かせてもらいました。

なにかありましたらtwitter: Z_CUBE_まで
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:ざん
ケモノ着ぐるみを作っています。

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。